ほてりや冷えの症状がある更年期には「高麗人参」がおすすめ

万能薬「高麗人参」はほてりや冷えのある更年期におすすめ

更年期は閉経を挟んだ前後約10年間のことを指します。 個人差もありますが一般的には45~55歳くらいといわれています。

更年期の原因はホルモンバランスの乱れにあります。 閉経が近づくにつれて卵巣機能が低下し、女性の心身の健康に必要なエストロゲンが充分に作られなくなってきます。 エストロゲンが低下すると脳は卵巣に、もっと女性ホルモンを出すようにシグナルを送ります。 その結果脳が混乱をきたし自律神経のコントロールがうまくいかなくなり、身体の様々な不調が現れるのです。

主な症状は、だるさ、のぼせ、ほてり、疲れやすい、多汗、動機、頭痛、めまいなどです。 他にもイライラや不安感、不眠などがあげられます。

多くの女性を悩ませる更年期の症状改善に期待したいのが、古くから万能薬として珍重されてきた漢方薬「高麗人参」です。

高麗人参にはカルシウム、鉄分、カリウム、亜鉛、アミノ酸、ビタミンB群など100種類以上の栄養素が含まれています。

その中にサポニン(ジンセノイド)という特有成分があります。サポニンは活力向上、美容効果、血行促進、疲労回復のほか、精神を落ち着かせたりリフレッシュする効果もあります。

とくにサポニンに期待できる効果は以下のようなものです。

自律神経を調整する作用

神経が過度に興奮しているときは興奮を抑え、神経の働きが鈍っているときには刺激する作用があり、乱れた自律神経を正常な状態に修正します。

神経のバランスを整える作用

更年期障害の症状は、ストレスを受けていると悪化します。

高麗人参は精神を安定させストレスを軽減する高い効果があり、症状を緩和します。

血液の循環を良くする作用

血行不良による肩こりや不眠や倦怠感なども、血行促進効果により症状改善につながります。


サポニンは健康だけでなく、肌のターンオーバーが活発になるなど美容にも効果があるので、更年期の女性には嬉しい成分です。

高麗人参はどうやって摂取するのがおすすめ?

高麗人参の働きをより強く実感するために、継続的に摂取するのがポイントです。 毎日飲み続けるので、定期購入などもある手軽なサプリメントがおすすめです。

高麗人参が含まれている更年期にオススメのサプリメント

アンファー HORMONA <ホルモーナ>
更年期、サプリメント、エクオール、ホルモーナ
3つのアプローチでゆらぎ世代をサポート

  • ゆらぎ期の女性をサポート!エクオール10mg配合
  • エクオールだけじゃない!!ゆらぎ期への多角的アプローチ
  • こだわりの成分配合!天然ハーブを配合
  • 女性の健康に嬉しい高麗人参配合

おすすめの記事