★更年期になることは悪いこと!?

更年期とは

『更年期』という言葉は、最近では聴き慣れてきたものの、あまりいい印象はありませんよね。一般的には、閉経前後の年代の女性に『更年期』という言葉が使われます。『更年期障害』なんて病気みたいに言われますし、女性として終わってしまったように感じてしまう人もいますね。

更年期になるのはいけないことなの?

『更年期』という言葉の響がなんとなく嫌な感じがします。

生理学的には、『更年期』とは女性の閉経前後の45歳〜55歳ごろの時期を言い、閉経に伴い、女性ホルモンのバランスが変わることで、体調の変化が現れやすい時期です。

ヒトの成長には、小児期、思春期、性成熟期、更年期、老年期と流れがあります。

大塚製薬, 更年期, サプリメント, エクオール

出典:大塚製薬

もともと『更年期』は、「年が更(あら)たまる時期」という意味があります。「更」の意味を調べたところ、入れ替わる、深まるなどの意味があります。

更年期, エクオール, サプリメント, 漢字

この記事を書いているのは10月ですが、「更」という漢字の意味は、まるで「秋が深まる」とか、「冬(=老年期)に向けて蓄える」といった意味に感じます。

わたしの専門は、東洋医学や自然化学療法ですが、東洋医学の教えには、『季節ごとの過ごし方』というものがあります。

***秋の過ごし方

『更年期』とは、女性の人生の流れの一部分でしかないのです。

このページをご覧いただいているあなたは、多かれ少なかれ更年期の症状に悩まされていたり、これから迎える更年期を漠然と不安に思っているでしょう。

更年期は、「すべての女性に平等に訪れて、時期が過ぎれば自然におわりが来る」ものです。ただ、更年期の症状に悩まされるかどうかは、更年期の準備をしてきたかどうかや、更年期の過ごし方に大きく影響されるのだけは確かです。

むかしは更年期がなかった

50歳前後の時期のことを、『更年期』と言いますが、むかしは『更年期』がありませんでした。

なぜなら、女性が50歳以上までいきられるようになったのは20世紀を過ぎてからだからです。むかしも今も、女性の閉経年齢は50歳前後と変わりません。そのため、100年以上前の女性は、だいたい死ぬまで生理があっということになり、『更年期』で悩むようになったのは、ここ100年前後ということになります。

閉経すると、女としての価値がなくなるの?

思春期では、子供を作れるようにと女性のからだは準備をはじめます。

性成熟期になり、ホルモンバランスが安定し、子供を産むからだとして成熟を迎えます。また、この時期は仕事や趣味にも精力的に、活発になれる時期です。

そして、更年期を迎えると卵巣の機能が低下し、女性ホルモンの分泌が減っていきます。更年期を通して、子供を産めるからだから、子供を産むことができないからだに変化していきます。

一昔前の姑の悪口などで、「子供を産めない女は価値がない」みたいなやり取りがありますが、いまどき、子供を産むことだけが女性の価値ではないですよね。

わたしは、更年期は、「子供のためのからだ」から、「自分のためのからだ」へと変化をしていく時期だと考えています。

おすすめの記事