ホルモン補充療法(HRT)が効果的な更年期の症状とは

更年期の症状の治療には、ホルモン補充療法(HRT)、漢方薬、抗不安薬などのいろいろな選択肢があります。

更年期の症状には、ホットフラッシュや発汗、動悸、めまい、関節痛、倦怠感、頭痛などさまざまな症状があります。更年期の症状が現れる原因は、エストロゲンの分泌の低下、エストロゲンが減ることにより自律神経が乱れること、ストレスなどがあります。

更年期に起こりやすい症状を、機能・症状別にまとめました。

血管運動神経症状 のぼせ、発汗、冷え、動悸
精神神経症状 頭痛、めまい、不眠、イライラ
知覚神経症状 痺れ
運動器障害症状 肩こり、腰痛
泌尿器系障害症状 排尿困難、頻尿

のぼせ、ほてりなど血管運動神経症状が強い場合には、ホルモン補充療法(HRT)での治療が効果的です。

また、エストロゲンが低下することにより起こる、膣乾燥、性交痛などにも効果がでやすいです。

エストロゲンの分泌の低下との関連の低い、肩こり、易疲労感、関節痛、背部痛などには、他の治療法が適しています。

更年期の症状は、身体的なものだけではなく、不眠や倦怠感、気力が出ないとった症状もありますね。心理的要因や社会的要因が問題となり、不調をきたしている場合には、漢方薬や精神系のお薬が処方されることがあります。

おすすめの記事