★★更年期症状とめまい

めまいの原因は?

めまいには、回転性のめまいと、立ちくらみと呼ばれる、ふらふらするような症状があります。

原因として、様々な要因が考えられますが、その一つに更年期障害の症状として、めまいが起きることがあります。

女性は、更年期にさしかかると、個人差はありますが、さまざまな体調の変化があらわれます。 ほてりや耳鳴り、肩の凝り、心悸亢進など、これまで経験したことのないような症状に悩む女性は少なくありません。

めまいもまた更年期の女性が経験する症状の一つと言われています。

成熟期から老年期への移行期である更年期は、特に女性の月経周期が不規則になる頃から月経停止に至るまでの期間、通常40~55歳頃の時期にこのような症状が顕れます。

ですが、突然のめまいに襲われてしまうと、原因がわからない場合、不安になりますね。 そして、不安な気持ちがますます体調の悪化を誘ってしまうことにもなりかねません。 ですが、めまいがそのものが、更年期特有の症状の一つであると理解できますと、少し安心できますね。

更年期は女性なら誰もが経験する通過点です。

この時期に、起きる様々な体調の変化に正しい知識がもてると、不安やストレスも軽減できるでしょう。 もちろん、辛い場合は無理をせず、専門家に相談することが必要です。

逆に、めまいは自然な症状だと安易に受け止めて、フラフラしながら我慢して過ごすことはとても危険です。もしかしたら、更年期障害以外にめまいなどの原因が潜んでいる場合もありますから。

まずは、ゆっくり自分の身体と向き合い、ふだんの体調をじっくり観察してみることが大切でしょう。その上で、何か必要なアプローチが考えられたら、積極的に取り入れる気持ちも大事ですね。

どの年代であっても、女性が健康的に過ごしていけるためには、身体と心のバランス、正しい知識と理解が大切ですね。

めまい症状を感じたときに試したい方法は?

おすすめの記事