閉経に関するウソとホントの話

女性の会話で、「私、生理が始まったのが早かったから、(生理が)上がるのが早いのよ」という会話を耳にすることがあります。管理人の母も、わたしが生理がはじまったころ、わたしの生理が周りの友達より遅かったので、「(生理が)あがるのが遅いから、更年期も若いうちはこないわよ」みたいなことを言っていました。

初潮が早いと閉経が早い!?【卵子の数理論】

女性の卵子の数は生まれたときから決まっています。

卵子は原始卵胞という細胞が卵巣の中で卵子に成長し、排卵期に卵巣から排卵されます。

卵子の材料になる原始卵胞の数は、お母さんのお腹の中にいる胎児期にピークを迎え、およそ700万個あります。しかし、生まれたての新生児期には200万個まで減ってしまいます。

原始卵胞は、自然に消滅していくため、初潮を迎えるころにはおよそ20〜30万個まで減少します。

月経がきてからも、排卵に使われる卵子以外にも、毎月1,000個ちかくの原始卵胞が自然消滅していきます。

初潮が早いかどうかは、その頃のからだの大きさと関係しています。背が高かったり、体格がしっかりしてくると、脳が妊娠の準備をはじめてよいと判断し、月経がはじまります。

生まれたばかりの新生児期は200万個あった卵子が、思春期までに170〜180万個も自然消滅してしまいます。ということは、思春期になるまでの間は、1年間に17万個ちかくも原始卵胞は減っていきます。生理が始まってからも、年間12,000個近く自然消滅していくことに対し、排卵で使われる卵子の数は1回の生理でたった1個だけです。

生理の回数により消費される卵子の減少は、自然消滅してしまう卵子の数に比べたら微々たるもので、初潮と閉経の年齢には関係がありません。

また、閉経は卵巣機能の衰えによるもので、エストロゲンを十分に分泌されなくなったり、卵子の材料になる原始卵胞の数が減ってくることにより、生理周期が乱れてきます。卵子が排卵されていなくても経血がでる無排卵月経もあるため、排卵する卵子がないから閉経するというものではありません。

おすすめの記事